SEの仕事、プログラマーの仕事

SEの仕事、プログラマーの仕事

職種を見ると、SE(システムエンジニア)と非常によく似たような仕事に見えるプログラマーという職種があります。
もちろん、どちらも同じ仕事ではなく、違う職種です。
SEは、システム全体を見て設計する、つまり全体を管理して把握することです。
プログラマーは、SEの設計したシステム通りにプログラムを組むことです。
仕事内容の範囲からすると、SEの方が広くなります。
また、SEがプログラムの設計をするのですから、プログラミングの知識も必要とされます。
システムの設計について、お客様から具体的にプログラムの内容を聞かれたら、SEはきちんと答えられるようにしておかなければなりません。
そのため、はじめはプログラマーとして仕事をし、知識と技術をつけたらSEになるという場合もあるようです。